2010年03月02日

全国高等学校野球選手権福岡大会

全国高等学校野球選手権福岡大会(ぜんこくこうとうがっこう やきゅうせんしゅけん ふくおかたいかい)は、福岡県で開催されている全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)の県予選である。第1回大会?第10回大会までは九州大会、第11回大会?第29回大会までは北九州大会に参加していた。概要福岡県は高野連加盟校が多いが、代表枠は全県で1校しかない。また、同一県内でも最北端と最南端、および最東端と最西端で100km以上の距離があるため、県内を「北部」(北九州地方・筑豊地方。県立高校の第1?4および13?15学区)と「南部」(福岡地方・筑後地方。同5?12学区)とに分け、南北の代表校を決定する。そしてこれらの代表校によって県大会を行い、代表を争うシステムが採られている。以前は、北部南部とも各8校、計16校が県大会に進出するシステムで、北部南部の大会は4回戦まで、県大会は全校5回戦からとなっていたが、特に昭和末期以降、北部と南部の参加校数の差が拡大した(福岡都市圏を抱える南部の方が多い)ため、北部予選では組み合わせ上3回戦から登場し2勝で県大会に出場できるチームがある一方、南部予選では1回戦から4勝しなければ県大会に出場できないチームもあり、不公平であることが問題とされていた。そのため、北部の県大会出場校は8校と維持したまま、南部の県大会出場校を増やす事で不公平を解消することとなり、2009年現在、北8校南11校の計19校が県大会に進出するよう、北部南部大会の組み合わせを配分するシステムとなっている。北部南部の各大会は3回戦までで、県大会の初戦は4回戦(6チーム)または5回戦(13チーム)からとなる。なお、県大会の組み合わせは、全19校が決定してから再抽選により決定されるが、その際、北部と南部の分けは行われないため、県大会初戦の対戦相手が北部代表または南部代表同士となるケースもある。(2009年は、4回戦3試合の全てと、5回戦が県大会初戦となる学校同士の対戦5試合のうち2試合が北部同志もしくは南部同士。)過去は北部勢が強かったが、近年、特に平成期以降は圧倒的に南部優勢となっており、特に1997年から2007年にかけては11年連続で南部勢が代表となったこともあり、北部勢が代表となったケースは、1994年の九州工業(現真颯館)と1996年の東筑、2008年に12年ぶりに北部からの代表と

<フォルクスワーゲン>2車種リコール 燃料漏れの恐れ(毎日新聞)
投資会社を家宅捜索=被害数億円か−無登録で出資募った疑い・警視庁(時事通信)
朝鮮学校除外も 高校無償化で官房長官示唆(産経新聞)
企業の就職説明会「2分で満員」 予約用iPhone買う大学3年生(J-CASTニュース)
<幼児虐待>3歳娘暴行死 傷害致死容疑で父親逮捕 福岡(毎日新聞)
posted by ベルベッキオ at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。